【岩手】指定避難所は安全というジンクス

岩手県釜石市の指定避難所が、避難者もろとも
津波にのまれて50人以上が亡くなってたそうです。
釜石市の防災訓練の、シュミレーションを超えた、
想定外の大津波だったようでした。


津波が来たら避難するようにと、呼びかけられていて、
その通りに避難した、安全な場所のはずでした。
この防災センターは、昨年出来た新しい建物で、
3月に入ってからも、避難訓練をしたばかりだったとか。


住民の信頼を裏切って、命まで奪ってしまったとは、
言葉が出ません。まさかが起きてしまったから。
この建物に入ったら最後、そんな状況だったとか。


経験上、自分は河川敷の近くとか、海辺に住むのは
あまり好きではないです。
それから、がけ下みたいなところもです。
前に引っ越した時、避難所の場所が低くて、
万が一があれば、ヤバいなと思ったから。

TOPPAGE  TOP 
  • SEOブログパーツ